mainMenu contents footer

シンボル

シンボル
シンボルマーク
Geumcheon-gu Logo image目覚ましい衿川のイメージを満開に咲いた花の形で表現。グリーンは「エコロジー」を、ブルーは 先端産業 を意味し、目覚ましく成長、発展していく衿川区の未来を明るく華やかに表現した。
衿川BI(都市ブランド)
Geumcheon-gu BI imageワードマークは衿川区の都市ブランドの役割とビジョンを表現する代表的な視覚的シンボルであり、アイデンティティを構築するための中心要素である。そのため、「ヌンブシン(目覚ましいという意味)」という差別化されたハングルの修飾語を強調するために、力の強弱が直接的に表現された書芸デザインを採用した。中心部から力強く広がる光とエネルギーで発展的な未来に飛躍する衿川区の「都市原動力と活力」を表現するとともに、やわらかい曲線の調和は、人間中心型の先端産業と感性中心型のファッション産業によって衿川区が「住みよい幸せな都市」に成長していく未来像を表現している。
キャラクター
Geumcheon-gu Character image未来と愛をモチーフに、先端産業とファッション産業をリードするロボット妖精を形象化し、親しみやすく優しい存在として表現するとともに、愛と未来への発展を溌剌としたイメージで表現した。
区の鳥(カササギ)
Geumcheon-gu Bird imageカササギは私たちの身近に生息し、韓民族と共に生きてきた鳥である。「朝、家の前でカササギが鳴くと嬉しい来客がある」との言い伝えがあるように、吉を呼ぶ鳥とされている。衿川区が開発されるまでは、この付近一帯に多くのカササギが生息していた。
区の木(イチョウ)
Geumcheon-gu Tree imageイチョウは公害に強く、長寿の木である。特に、衿川区管内には樹齢800年を越えるイチョウが3本あり、昔から「イチョウの村」と呼ばれてきた。
区の花(ツツジ)
Geumcheon-gu Character imageツツジは風や寒さに強く、早春に華やかなピンクの花を咲かせ、多くの人々から愛されている。衿川区で有名な虎岩山一帯にはツツジが多く生息しており、毎年春には美しく咲き誇り、人々の目を楽しませてくれる。