mainMenu contents footer

歴史

歴史
歴史
歴史 imageソウル西南圏の中心として発展を続ける衿川区は、古くから京畿地域の中心地として栄えてきた由緒深い地である。
今日の衿川(クムチョン)区にあたる地域は三国時代には百済が統治していたとされるが、正確な考証資料はない。4世紀末から高句麗の領土に編入され、仍伐奴(インボルノ)県と呼ばれるようになった。仍伐奴とは、「伸びゆく地」または「広い原」という意味だという。この名称は、その後新羅が三国統一を成し遂げた景徳王16年(757年)に穀壊(コギャン)県と改称されるまで使用されていた。高麗時代に入り太祖23年(940年)に衿州(クムジュ)という名称に変わったが、このときから「衿」という漢字が使われるようになったという。以後、高麗時代には引き続き衿州と呼ばれていたが、朝鮮時代の太宗13年(1413年)に衿川県と改称された。衿川県という名称は、その後正祖19年(1795年)に始興(シフン)県に変更されるまで約380年にわたって使用された。
朝鮮時代における衿川県の管轄区域は、東は果川(クァチョン)県、西は富平(プピョン)府、南は安山(アンサン)郡、北は露梁津(ノドゥルナル)に至る非常に広大な地域であった。『與地図書』によると、朝鮮後期の衿川県は、戸数1,873戸、人口7,763人で、行政区域は6つの面と39の洞・里であった。
朝鮮時代の正祖19年(1795年)に再び始興県と改称され、1895年には始興郡に昇格したが、管轄区域は現在の衿川区、永登浦区、銅雀区、冠岳区、九老区及び安養市と光明市の一部地域を含み、郡庁は現在の始興5洞にあった。
1910年に郡庁舎は現在の永登浦区文来洞に移転され、1936年には永登浦地域が京城府の管轄に編入された。その後1945年まで郡庁舎はそのまま永登浦地域に置かれていたが、1945年の米軍占領によって永登浦区が新設され、1963年には、ソウル特別市行政区域の拡張により、始興・禿山・加里峰地域が永登浦区に編入された。その後、始興洞、禿山洞の人口増加に伴い行政洞は幾つかに分割されたが、九老工団を中心とする地域発展計画が樹立されるに伴い1980年に九老区が新設され、衿川地域は九老区に属することとなった。
1994年12月22日、「ソウル特別市衿川区等9つの自治区の設置及び特別市・広域市・道間の管轄区域変更等に関する法律」が制定され、続いて1995年3月1日、禿山洞及び始興洞の全域と加里峰洞の一部地域が加山洞と名称を変更、衿川区として新たに出発することとなった。